ご案内

[中国日本商会]

  • 中国日本商会は、中華人民共和国国務院令第36号「外国商会管理暫定規定」に基づき、外国人商工会議所の第1号として1991年4月に認可・設立されました。
  • 当会は、会員の円滑な事業活動を支援し、経済交流の活発化を通じて日中友好を促進することを目的としています。
  • 具体的な活動としては、次のような事業を展開しています。
  1. 会員を代表し、中国政府や日本政府などに対する意見・要望活動を行っています。
  2. 中国政府および関係機関や日本人学識経験者などを講師に招いての講演会・セミナー・シンポジウムを開催しています。
  3.  「会報」や「調査四季報」「年報」などを定期的に発行し、会員の事業活動に役立つ情報の提供を行っています。
  4. 「法律・税務相談コーナー」を設置し、業務上のトラブルに見舞われた会員に対して専門の相談員が対応しています。
  5. 各業種に情報交換会や各種催し物を開催し、会員相互の親睦を図っています。
  6. その他

[ 三資企業部会 ]

  •   中国に進出している日系三資企業(中国現地法人)を中心に「三資企業部会」を設置しています。
  •  「三資企業部会」は、日本商会の業種別部会とは別に、1987年に日中合弁企業による勉強会として発足、以来、17年に亘り日系企業に共通のさまざまな問題解決の場として、投資環境の改善に大きな役割りを果たして来ました。
  •  「三資企業部会」は、原則として毎月開催される定例会(全体会議)および分科会(製造業・サービス業)を中心に活動し、このほか会員企業を対象とした給与実態調査の実施や中国各地の日本商工クラブ(三資企業部会)との交流など、活発な事業を展開しています。
  • 定例活動のほか、会員間の情報交換のツールとして、2000年から「北京通(メーリングリストを利用した双方向の情報交換)」を開設、事業展開に役立てて頂いています。
  • 三資企業部会 設立目的

    自主活動を通じ、会員相互の資質向上と、日系三資企業の円滑な事業発展、および日中投資の促進に資すること。
    活動主旨
    ● 日系三資企業の発展を図る為の研究
    ● 会員相互の資質向上、親睦を図る為の事業
    ● その他、本会の目的を達成するための事業三資企業部会の活動は、「中国日本商会三資企業部会運営内規」にもとづき行われ、運営内規は 三資企業部会の定例会議の決議により改正することが出来る。
    会 員
    ● 部会員:中国日本商会法人(団体)会員及び市外法人(団体)会員
    ● 準部会員:個人会員及び賛助会員
    三資事務局 業務内容
    設置目的
    部会執行部の業務を補佐し、部会活動の円滑遂行と効率的運営を図り、且つ部会執行部の公平負担を図る。
    構成人員
    事務局長 1名、事務局員2名、 計3名にて構成し、部会長・各分科会の正副分科会長の互選で決める。
    但し、被選挙人に部会長は含まない。
    主たる業務
    1. 部会活動の企画立案
    2. 各分科会の連絡調整
    3. 部会・役員会の運営準備
    4. 対内外の折衝業務
トップへ戻る